主に千葉県における刑事弁護など


by cuts
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

交通事故でも逮捕される時代

<東関東道事故>3人死亡で妻は死後1~2日 事件の可能性 Excite エキサイト : 社会ニュース

 上記の事故自体は少し奇妙な様相を呈してきましたが、ここで注目したいのは業務上過失致死で加害者が逮捕されていること。
 10年くらい前は、業務上過失致死(つまり死亡事故)のみのケースで逮捕・勾留されるというケースは少なく、ほとんどが在宅事件、つまり逮捕も勾留もされないで、事件が検察に送致され、検察が起訴するという処理方法でした.
 この在宅事件での処理方法だと、事故から起訴まで1年くらいかかることも珍しくありませんでした。
 現在、千葉県警の扱いでは、業務上過失致死は原則逮捕に傾いているようで、この事故でも逮捕されています.この事件でどうなるかはわかりませんが、裁判所が業務上過失致死だけでも勾留しているケースは多くなってきています.
 勾留されれば、起訴まで最大20日間身体を拘束される可能性があります.
 その間保釈はなし(日本の法律では起訴されないと保釈されません)。
 ある日、重大な事故を起こせば、20日以上拘束されるということが起こりうるのです。
 車の運転にはくれぐれもお気をつけください。

人気blogランキング 法律・法学部門5位(記事掲載時)
-現在のランキングについては、こちらをクリックしてください.(こちらをクリックしていただくと当ブログのポイントがあがります)


 
[PR]
by cuts | 2005-06-27 06:57 | 刑事弁護