主に千葉県における刑事弁護など


by cuts
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

少年鑑別所

(お知らせ)
 7月20日まで無料メール法律相談実施中!
 申し込み要項はこちら

<高校爆弾事件>男子生徒を山口家裁に送致 少年鑑別所へ Excite エキサイト : 社会ニュース

 少年事件は、成人の事件と異なったルートが用意されています.
 成人の事件は、「有罪ならば罰を与える」というのが基本ですが、少年事件は「保護を与える」というのが原則だからです.
 「保護を与える」といっても、もちろん、少年であっても身体を拘束されます.
 捜査段階では、逮捕もされれば、勾留もされます.
 家庭裁判所に送致された後は、記事にもあるように少年鑑別所に拘束されることもあります。
 結構勘違いが多いのは、鑑別所の意味合いで、ここは家庭裁判所が少年にどのような処分をするのが適当かということを調査・鑑別するところ(法務省管轄)。調査期間の間、鑑別所にいなさいという裁判官の決定が、記事にもでてくる「観護措置」です。
 ですから、鑑別所に入れられるといっても、懲罰的な意味合いは、法律上はありません。
 鑑別所での調査をも加味して、家裁の裁判官は、少年に対し、保護処分(少年院送致や保護観察)か刑事処分が相当として検察官に戻すか(逆送)を選択していくことになります.人気blogランキング 法律・法学部門3位(記事掲載時)
-現在のランキングについては、こちらをクリックしてください.(こちらをクリックしていただくと当ブログのポイントがあがります)
[PR]
by cuts | 2005-07-13 06:35 | 刑事弁護