主に千葉県における刑事弁護など


by cuts
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

自分の子どもの誘拐容疑で弁護士逮捕の衝撃

未成年者略取で弁護士逮捕 長女を連れ去るExcite エキサイト : 社会ニュース

 離婚に際して、子どもをめぐる争いが生じがちです。
 離婚する際に、子どもが未成年であれば、親権者をどちらにするか決めなければなりません(決めないと離婚できません)。
 離婚することはお互い合意ができているが、子どもの親権について決着がつかないので、法廷に持ち込まれるというケースも珍しくありません。
 親権者が決まって離婚してしまえば、子どもを親権者の同意なく連れ出すことは、理屈としては誘拐罪の対象にはなります。
 しかし、「法は家庭に入らず」という法格言があるように、日本では従来家庭内のことについては警察はあまり関与しないようにしていました。
 DV保護法ができるまでは、DVにもあまり積極的ではなかったのはその一例です。
 子どもを親権者の同意なく、こっそり連れ出してしまうことについて、アメリカでは連れ出してしまった親も逮捕するという情報を聞いたりすると、アメリカは日本と違うなあと思ったものですが、今回の記事を読むと、この点で日本もアメリカ並みになったのかと衝撃を感じました。
 しかも、逮捕されたのが弁護士であるということが、二重の衝撃です。
 この逮捕、福岡県警の方針なのでしょうが、全国的にこの方針が広がるのかどうか、注目です。

人気blogランキング 法律・法学部門14位(記事掲載時)
-現在のランキングについては、こちらをクリックしてください.(こちらをクリックしていただくと当ブログのポイントがあがります)
[PR]
by cuts | 2005-10-06 05:10 | 刑事弁護