主に千葉県における刑事弁護など


by cuts
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

男児死亡なのに暴行罪で逮捕の理由

母親にけられ3歳男児死亡 千葉市美浜区の自宅でExcite エキサイト : 社会ニュース

 被疑者は、自宅で3歳の二男の腹をけったとして、暴行の疑いで逮捕されています。
 男児が死亡しており、蹴った行為と死亡との間に因果関係があれば、
  傷害致死罪(法定刑 懲役3年以上)
になりますが、逮捕時点では因果関係がわからなかったので、蹴ったこと自体は認められるとして、
  暴行罪(法定刑 懲役2年以下又は30万円以下の罰金)
で逮捕したのでしょう。
 因果関係の有無は、死体を司法解剖に付して、解剖結果により判明します。
 解剖の結果、因果関係があるということになれば、警察は、被疑事実を傷害致死に切り替えて捜査することになります。
 因果関係なし又は不明なら、そのまま暴行で処理するほかないでしょう。

人気blogランキング 法律・法学部門12位(記事掲載時)
-現在のランキングについては、こちらをクリックしてください.(こちらをクリックしていただくと当ブログのポイントがあがります)
[PR]
by cuts | 2005-10-07 06:54 | 刑事弁護