主に千葉県における刑事弁護など


by cuts
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

建造物侵入罪が成立するわけ

UFJカメラ設置事件で被疑者を建造物侵入容疑で再逮捕予定という記事
Excite エキサイト : 社会ニュース

 容疑としては、
  「品川区東の同行東急五反田駅前出張所に侵入した」
というものだそうですが、銀行の出張所は誰でも入れるのになぜ建造物侵入罪が成立するのでしょうか。
 建造物侵入罪は、「正当な理由のなく」侵入した行為を処罰します。
 「盗撮用の小型カメラが入った箱をATMに設置するなどの目的」だった場合は、出張所に普通に入った場合でも、正当な理由がないものとして、建造物侵入罪が成立すると考えるわけです。
 建造物侵入罪は、
  懲役3年以下又は10万円以下の罰金
という比較的軽い部類に属する犯罪ですが、この事件で勾留し、警察はUFJカメラ設置事件の全貌解明の手がかりをつかみたいのでしょう。

人気blogランキング 法律・法学部門9位(記事掲載時)
-現在のランキングについては、こちらをクリックしてください.(こちらをクリックしていただくと当ブログのポイントがあがります)
[PR]
by cuts | 2005-10-23 19:17 | 刑事弁護