主に千葉県における刑事弁護など


by cuts
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

ホワイトカラー犯罪

弁護士が破産法違反で東京地検特捜部に逮捕されたというニュース
Excite エキサイト : 社会ニュース

 破産法には罰則が定められています。 
 しかし、ほとんど活用されていないようです。
 裁判所からの依頼で破産管財人になったりしますと、非常に怪しい取引がなされていたりするものですが、明白な証拠がなかったりしますと、捜査機関のような強制捜査権が破産管財人にはないので、被害届を出すまでにはいたらないというところがあります。
 また、所轄の警察もそのような証拠がはっきりしない事件、破産法という民事がらみの事件はやりたがらないということもあります。
 以前、被害届を出そうとしたら、それは刑事1課だ、いや2課だと回されて、結局被害届を受け取ってもらえなかったという経験をしたことがあります。
 今回のニュースの事件は、金額も1億円と多額ですが、経済事件のプロが集まっている東京地検特捜部でなければ立件できたのかどうか。
 警察や特捜部がない検察庁でも経済事件には是非強くなり、ホワイトカラー犯罪をしっかり検挙していただきたいものです。

人気blogランキング 法律・法学部門9位(記事掲載時)
-現在のランキングについては、こちらをクリックしてください.(こちらをクリックしていただくと当ブログのポイントがあがります)
[PR]
by cuts | 2005-10-26 13:32 | 刑事弁護