主に千葉県における刑事弁護など


by cuts
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

公判前整理手続きが注目されています

東京地裁で初の公判前整理手続きが行われるというニュース
Excite エキサイト : 社会ニュース

 11月1日からの施行を前に、公判前整理手続きのニュースが各紙に載せられていました。
 上記のニュースもそのような関連のニュースです。
 外国人事件ですが、殺人未遂事件であり、否認であるとはいっても、殺意の否認のようですので、それほど争点が複雑とは言えないような気がしますが(殺意の否認というのは結構頻繁にでてくるケースです)、やはり全国のパイオニアたらんとしている東京地裁、公判前整理手続きにも積極的なところを見せたいのでしょう。
 どのような事件でどの程度公判前整理手続きに舵を切るのかは、検察官ー裁判官次第というところもあり、弁護側はまず初戦から防戦に回る形になります。
 公判前整理手続きには、被告人本人の立ち会いも認められるのですが、外国人事件で、被告人立ち会いを認めるとなると、通訳人の方の立ち会いも必要であり、これまで以上に通訳人の出番が必要となりそうです(弁護人の接見も整理手続きの間に何回もしなければならないでしょうし)。

人気blogランキング 法律・法学部門6位(記事掲載時)
-現在のランキングについては、こちらをクリックしてください.(こちらをクリックしていただくと当ブログのポイントがあがります)
[PR]
by cuts | 2005-10-31 20:02 | 刑事弁護