主に千葉県における刑事弁護など


by cuts
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

副検事とは、なぜまた地検が逮捕なのか

副検事が強姦未遂で地検に逮捕される
Excite エキサイト : 社会ニュース

 副検事というのは、なじみのない役職名かと思います。
 「検察官」として表に立っている人の中には、 
   検事と副検事
の二種類の方がおり、
 検事は、司法試験をパスして法曹資格を持っている人
 副検事は、検察庁内部の試験をパスしているが、司法試験はパスしていないので法曹資格は持っていない人
です。
 法曹資格があるかないかは、検察官の職を辞した後、弁護士や裁判官になれるか否かが違います。
 副検事は、いきなりなれるものではなく、検察事務官として採用されることになっています。
(検察事務官について興味のある方は、以前書きましたこちらを参照してください) 
 ここ10年ほどで事態はすっかり変わってしまいましたが、従来検察官というのは人気がなく、司法試験をパスした人をリクルートするのに困難を極めていた時期があるのですが、検事の不足を補うために副検事というのは、検察庁で重要な役割をになっています。
 副検事も検事と同じく、捜査にあたったり、公判に立会いをしたりしておりますので、副検事がいないと検察庁の仕事が回りません。
 
 ところで、今回の逮捕は、仙台地検がしており、警察ではありません。
 弁護士が今回のような事件を起こせば、ほぼ間違いなく警察が逮捕するでしょうが、検察官を逮捕するには警察ではしのびないということでしょうか。
 特殊な経済犯罪や政治絡みという事件ではなく、強姦未遂という粗暴犯の逮捕だけに、なんだかわりきれないものがあります。

人気blogランキング 法律・法学部門6位(記事掲載時)
-現在のランキングについては、こちらをクリックしてください.
こちらをクリックしていただくと当ブログのポイントがあがります)
[PR]
by cuts | 2006-01-05 04:12 | 司法制度