主に千葉県における刑事弁護など


by cuts
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

無言電話が「偽計」!?

24時間で110番を1000回以上かけた男性、偽計業務妨害罪で逮捕
Excite エキサイト : 社会ニュース

 以前「威力業務妨害罪」についてとりあげましたが、偽計業務妨害罪も業務妨害罪という意味では同じで、法定刑も
 懲役3年以下又は罰金50万円以下の刑
です。
「威力」とは、人の意思を制圧するに足りる勢力を用いることで、暴行だけでなく、脅迫も入りますが、
 「偽計」というのは、人をだましたりするような行為を本来いいます。
 でも、これだと無言電話は、なんで「偽計」になるのか?と疑問に思われる方もいるでしょう。
 裁判例で、3ヶ月の間に970回無言電話を中華料理屋にかけたというケースがあり、こういう相手を甚だしく困惑させる行為も「偽計」であるというのがあるのです。
 今回のケースは、24時間で1000回以上ですから、その回数もすごいですが、前の裁判例と同じく「偽計」業務妨害で逮捕したということです。
 学者さんの中には、相手を困惑させる行為まで「偽計」業務妨害にするのはいきすぎだ、軽犯罪法に「他人の業務に対して悪戯などでこれを妨害した者」を処罰できるんだから、それでいいではないかという方もいます。
 でも、軽犯罪法だと非常に刑が軽いんです。
 無言電話を異常な回数かける行為については、やはり重く処罰すべきだという価値判断が裁判例にはあるのかもしれません。

人気blogランキング 法律・法学部門6位(記事掲載時)
-現在のランキングについては、こちらをクリックしてください.
こちらをクリックしていただくと当ブログのポイントがあがります)
[PR]
by cuts | 2006-01-21 07:58 | 刑事弁護