主に千葉県における刑事弁護など


by cuts
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

無理心中は殺人だが・・・

幼い子ども二人が両親に殺される。無理心中か?
Excite エキサイト : 社会ニュース

 「無理心中」という言葉を調べてみましたら、
   むりやりにする心中。同意しない相手を殺して自分も自殺すること(大辞林)
だそうです。
 心中(相愛の男女が合意の上で一緒に死ぬこと。情死。)だと、ケースによっては法律上何罪が成立するか微妙な問題になる時がありますが、「無理心中」は法律的には単なる
  殺人罪
です。
 記事でもやはり殺人容疑で逮捕しています。
 動機については、
 「借金があり生活が苦しく、心中しようとした」と供述している
とのことですが、理性的に考えれば、借金を解決する方法は弁護士などの専門家に相談すればいろいろあるところなのですよね。
 今ではそういう知識も以前から比べると大分報道されていると思います。
 しかし、おそらく夫婦で抑うつ状態に陥ってしまっており、理性的に対処できないような心理状態に陥ってしまったのではないでしょうか。
 抑うつに陥ってしまうと自殺念慮、自殺願望が出てくる場合があり、幼い子どもは親にとって自分の一部ですから、自殺の延長上で子どもを殺すというケースが出てきてしまうのではないかと思います。
 無理心中を図る場合、順番としては、子どもから殺して、最後に親でしょう。
 子どもは弱いですし、殺人の完遂率は高くなってしまうのでしょうね。
 自分を殺すというのは、それだけの衝動ととてつもないエネルギーが必要なので、そこまでのものがない場合、「死に切れなかった」ということになるのです。
 今回の記事のようなケースを抑止するためには、借金問題の解決を図ると共に、心のケアーを考えなければいけないような気がします。

人気blogランキング 法律・法学部門5位(記事掲載時)
-現在のランキングについては、こちらをクリックしてください.
こちらをクリックしていただくと当ブログのポイントがあがります)
[PR]
by cuts | 2006-01-23 07:32 | 刑事弁護