主に千葉県における刑事弁護など


by cuts
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

堀江元社長勾留、勾留とはどんな手続か

堀江容疑者ら、勾留される
Excite エキサイト : 社会ニュース

 堀江容疑者ら勾留されるという記事ですが、勾留されるまでにはどんな手続になるのでしょうか。
  逮捕されて東京拘置所に留置されているわけですが、この日は東京地裁に連れて行かれます。
 東京地裁で裁判官に「勾留質問」という手続を受けます。
 これは、法廷で行うわけではなく、非公開の狭い部屋で行います。
 弁護人の立会いも原則として認められておりませんから、裁判官と被疑者、あと裁判官の記録役の書記官がいるだけです。
  まず、裁判官から「あなたの被疑事実はを今から読み上げますから、よく聞いておいてください。」といって、被疑事実を読み上げられ、「この事実に間違いはありますか、ありませんか?」と質問を受けます。
 事実を認めている場合は、「間違いありません」と被疑者はいいますから、このときは、書記官が「事実は間違いません」というスタンプを「勾留質問調書」に押して記録します。
 事実を否認する場合は、「いやその事実は間違っています。間違っているのはこことこことです」などと被疑者が主張しますので、それを裁判官が適宜要約して、勾留質問調書に記録します。
 
 裁判官は、この質問の手続に臨むまでの間に、検察官から送られてきた記録を読んで、勾留をするかどうか決めています。ライブドア事件では記録は膨大なものになりますから、全部を裁判官が丹念に読むと言うことは物理的に不可能でしょうね。
 おそらくポイントだけ読んでいるだけと思われます。
 検察官がした勾留請求を裁判官はほとんど認めているのが現状です。
 認めないことの方が珍しいです。
 ですから、先ほどの被疑者とのやりとりの後に、裁判官は、
「それでは10日間、あなたを勾留しますから。勾留場所は東京拘置所です」
といったことを述べて、勾留決定を告知します。
 また、一般人との面会を禁止するという”接見禁止決定”をつける場合は、このときに
「弁護人以外との接見は禁止しますから」
といって、それも告知します。
 これだけで終わりで、あとはまた東京拘置所まで護送されます。

 ニュースでも「10日間」の勾留決定とありますが、実際は起訴までにプラス10日間の勾留延長が認められていますので、起訴までに20日は勾留されるのが複雑な事案では常態となっています。

人気blogランキング 法律・法学部門2位(記事掲載時)
-現在のランキングについては、こちらをクリックしてください.
こちらをクリックしていただくと当ブログのポイントがあがります)
[PR]
by cuts | 2006-01-26 08:09 | 刑事弁護