主に千葉県における刑事弁護など


by cuts
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

堀江氏の保釈で示された新しい保釈の運用可能性

堀江氏に対して保釈決定
Excite エキサイト : 社会ニュース

 ライブドア事件で堀江氏に保釈決定がなされました。

 まず、保釈とはなんなのか?と疑問に思われるかたもいるでしょう。
 保釈は、起訴後に認められるもので、起訴される前の逮捕・勾留段階では保釈は認められません。

 起訴されたのだから、必ず保釈できるかというと、そう簡単にはでません。
 法律(刑事訴訟法)には、起訴されて保釈の請求があれば、
  原則→裁判官は保釈をすることとなっているのですが、
  例外があって、→「罪証隠滅すると疑うに足りる相当な理由」があれば保釈はださなくてもよいとなっているのです。

 「罪証隠滅」ってなんだろうというところですが、たとえば、保釈で外に出て、事件関係者と話したりして、俺に有利なことを言ってくれよとか、あのことは言わないでくれよというような口裏合わせ、これは立派な罪証隠滅行為です。

 事件自体を否認していると、ある程度裁判が進むまで、保釈がでないことがとても多いです.

 今回の堀江氏の事件では、何回か保釈請求をしていましたが、いずれも認められませんでした。
 今回の保釈請求で認められたのは、それまでの保釈請求のときと事情が異なると裁判所が認めたからでしょう。
 報道されている保釈の理由は、

1 被告は既に最高責任者の地位を辞して影響力が著しく低下し、共犯者も犯行を認めて被告とたもとを分かち、証拠隠滅の恐れは従前に比べはるかに低くなった
2 検察側の証明予定事実記載書(冒頭陳述の簡略版)に対し、弁護側は即日、意見書を出し、(迅速化のため初公判前に争点を絞り込む)公判前整理手続きに協力する姿勢を示した。同手続きでは弁護側と被告とが十分に打ち合わせる機会が必要

というものです。

 2の方で、書かれている公判前整理手続きというのは、昨年の秋に施行された新しい制度で
争点を絞り込んで迅速に裁判を行うための手続きです。争点を絞り込むためには、被告人と弁護人が頻繁に打ち合わせる必要があり、裁判所はその必要性からも保釈を認めたと考えることができます。
 新しい保釈の運用として、注目されてよいと思います。

人気blogランキング 法律・法学部門35位(記事掲載時)
[PR]
by cuts | 2006-04-29 10:23 | 刑事弁護