主に千葉県における刑事弁護など


by cuts
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

また市原署で不祥事ですか

人気blogランキング 法律・法学部門28位(記事掲載時)

千葉県警で捜査書類を放置し、時効完成も8件
Excite エキサイト : 社会ニュース

これはひどい。
どこの警察署かと思えば、市原署ですか。
市原は、千葉市の隣にある内房(東京湾沿い)の市で、京葉工業地帯を持っており、住民の流れも結構あるというようなところです。

この市原署では数年前に、警察官が交通事故の被害者の供述調書を偽造するという事件がおきております。
この事件の詳細は、柳原三佳さんというジャーナリストによる
これでいいのか自動車保険
に掲載されています。
 偽造した警察官は実刑にまでなっているのですが、その教訓が全くいかされていないですね。

 もちろん今回のは捜査記録を偽造したわけではありませんが、記録の管理体制というか、そういうものが全くなっていないという気がします。
 時効が完成してしまえば、起訴はもうできないわけで、被害者の救済にもなりませんし、社会正義の実現もありえません。

 これだけのことをやって、減給10分の1、6カ月と戒告というのですから、警察官の保護は随分はかられているのだなあと感心せざるを得ません。
[PR]
by cuts | 2006-06-01 23:12 | 司法制度