主に千葉県における刑事弁護など


by cuts
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

橋本元首相逝去、遺体は病理解剖に

人気blogランキング 法律・法学部門39位(記事掲載時)

橋本元首相逝去、遺体は病理解剖に
Excite エキサイト : 社会ニュース

 私の仕事の中で「解剖」といえば、一番よく目にするのは司法解剖なのですが、解剖には、そのほかに、行政解剖や病理解剖があります。

 病理解剖(びょうりかいぼう)とは、病気で亡くなったヒトを対象にして、臨床診断の妥当性、治療の効果の判定、直接死因の解明、続発性の合併症や偶発病変の発見などを目的に系統的な解剖を行うことです(Wikipediaより)。

 病理解剖(類義語:剖検)は
  医師の依頼+死亡した患者の家族の承諾
が必要です。
 この遺族の承諾が必要とされているところが、司法解剖などとことなるところです。

 法律上の根拠があるのかなと思いましたら、あるのですね。
  死体解剖保存法
です。
 この法律にどんな医師が解剖できるのかとか、遺族の承諾が必要だということが規定されています。

 日本人は死体を解剖されることに抵抗を示す方が多いと一般的にいわれます。
 橋本元首相の場合は、医学的に解剖をすることが意義があると判断されたケースなのでしょうが、そういうケースばかりでなく、遺族が死因に納得できない場合(たとえば、医療事故があるのではないか)に病理解剖をした方が後々の紛争の糸をもつれさせないためにも必要になってくる場合があります。
[PR]
by cuts | 2006-07-03 07:16 | その他