主に千葉県における刑事弁護など


by cuts
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

当番弁護について

 各地の弁護士会では、当番弁護士制度というものを行っています。
 被疑者又はその家族などからの要請があれば、弁護士が1回限り無料で接見に赴くという制度です。
 これは、現在、被疑者段階(起訴される前の段階)では国選弁護制度がないため、被疑者段階での弁護活動を充実させようと、弁護士会が始めたものです。
各地の受付件数(2004年)は、以下のとおりです。

受付件数の上位会(2000件以上)
①東京三会 1万0359件    ⑤福岡   3557件 
②横浜     5503件     ⑥千葉   2863件
③名古屋    4624件     ⑦埼玉   2153件
④大阪     4180件

 千葉県弁護士会の会員は300名強ですから、この7会の中では一最も弁護士ひとりあたりの負担が多いということになります。
 2006年からは重大事件に限り、被疑者段階で国選弁護制度ができることになっています。
 今後の当番弁護の行方が気になります。
[PR]
by cuts | 2005-05-19 13:15 | 刑事弁護