主に千葉県における刑事弁護など


by cuts
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

「過払い」とは何か

アイフルが被告となっている過払い金返還訴訟で和解というニュース
Excite エキサイト : 社会ニュース

 記事中で「法定金利を上回る利息を支払わされた」とあるのは、利息制限法所定の金利を上回る利息という意味でしょう。
 利息をめぐる法律は、ちょっと複雑な状況になっていて、まず、
   利息制限法
という法律があり、10万円以上100万円未満だと年率18%と定められています。
 ところが、
   貸金業法
という法律ですと、上記の貸金の範囲では29.2%まで利息を取ることができます。
 貸金業者は、この貸金業法の上限である29.2%を借主に請求しているわけです。
 ところが、この29.2%という利息を取るためには、貸金業法で定めたかなり面倒くさい要件を満たさなければならないのです。
 大量・迅速に処理をする必要のある消費者金融はこの貸金業法の要件を守っていない場合が結構あります。
 こうなると、18%までにしか利息を請求できないわけです。
 つまり、消費者金融側は、利息をとりすぎているわけで、これを長期間やっていますと、元金を上回るので、借主側から逆に「払いすぎた分の金を返せ」と訴えられることになります。
 これが「過払い返金訴訟」というもので、アイフルは現在集団的に提訴されているわけです。
 これは消費者問題に熱心な弁護士が連帯して請求をするわけです。
 過払い金の返還を相対でしてもなかなかサラ金側が全額支払ってくれません。
 特に理由もなく、80%くらいに負けてくださいといってきます。
 私は理由もなくそのような話には乗れないので、訴訟をすることにしています。
 おかげで過払い返還訴訟は結構やっています。
 訴訟を起こすと、サラ金側はほとんど問題なく元金全額を支払ってくれます。
 今回のアイフルの和解もこのような流れに沿ったものです。

人気blogランキング 法律・法学部門8位(記事掲載時)
-現在のランキングについては、こちらをクリックしてください.(こちらをクリックしていただくと当ブログのポイントがあがります)

 
[PR]
by cuts | 2005-10-21 20:33 | 債務問題