主に千葉県における刑事弁護など


by cuts
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

弁護士はどのように回答したか

尼崎脱線事故でJR西日本が遺族に賠償額提示というニュース
Excite エキサイト : 社会ニュース

 記事の中で、
  「弁護士会の相談窓口で聞いた額よりよかった」と話した
というのがあるのですが、弁護士はどのような説明をするのかということに興味をもたれる方もいるかもしれません。
 このような損害賠償のケースで、弁護士が念頭に置くのは交通事故のケースです。
 交通事故事例は非常に多く、情報の集積がなされているので、これをベースに回答することが多いです。
 死亡事故の事案ですと、
 1 逸失利益
 2 慰謝料
 3 葬儀費用
というのが基本で、逸失利益はその当時何歳だったか、また収入を得ていたか否かなどの要素により決まってくるので、ケースバイケースですが、慰謝料は2000万円~2800万円、葬儀費用は150万円前後というラインが交通事故事件では多いとされております。
 実際の事故は一つとして同じものはないのですが、以上のような交通事故での多数事例をもとに、比較して回答するというのがおおかたの弁護士のスタンスではないでしょうか。

人気blogランキング 法律・法学部門12位(記事掲載時)
-現在のランキングについては、こちらをクリックしてください.(こちらをクリックしていただくと当ブログのポイントがあがります)
[PR]
by cuts | 2005-10-24 18:27 | 犯罪被害