主に千葉県における刑事弁護など


by cuts

2005年 06月 21日 ( 2 )

民事再生法とは?

萩国際大の再生支援表明 広島の企業、社会福祉中心Excite エキサイト : 社会ニュース

 大学初めての民事再生法申請という記事です。
 民事再生法は、大ざっぱに言うと、経営者はやめないでそのまま経営を続けた上で、裁判所を通じて債務をカットしてもらうというもの。
 会社更生法という別の法律がありますが、これは経営者は辞めなければならないので、この点が民事再生法との大きな違いです。
 経営者が辞めないでいられるためには、今の経営者を支持する支援企業が必要になる場合が多いのですが、今回の萩国際大のケースでは、広島の企業が再生支援を表明しているようです。
 会社の民事再生は大がかりな手続になりますが、個人版の民事再生もあり、こちらは、会社ほど大がかりな手続をしないでもよい場合があります。個人版の民事再生でも、破産しないで債務をカットするということができるというメリットがあります。
 破産をしたくないという場合の有力な選択肢として、活用できるケースでは私も積極的に活用しています。
 なお、債務問題の解決の仕方について、詳しくお知りになりたい方は、私のホームページをご参照ください。

人気blogランキング 法律・法学部門4位(記事掲載時)
-現在のランキングについては、こちらをクリックしてください.(こちらをクリックしていただくと当ブログのポイントがあがります)




 
 
[PR]
by cuts | 2005-06-21 21:00 | 債務問題

司法解剖の費用問題

詐欺団の不明の3人と判明 殺人、遺棄事件に発展 Excite エキサイト : 社会ニュース

 記事は、遺体が被害者であったとの確認が取れたことを報じたものです。
 司法解剖の成果でしょう。
 昨日、「司法解剖とは?」でご紹介した千葉大学法医学教室の論考に、司法解剖の費用問題が取り上げられていました.
 千葉大学では、司法解剖の費用として約20万円程度の経費がかかるのに、実際に捜査側から得られるのは7万円だけということで、司法解剖はやればやるほどマイナスになる仕組みになっているということです。
 お金の問題は回りまわって、「必要な検査ができない、必要な司法解剖をしない」という結果を招くことになるので、決して好ましいものではありません。つまり、本来殺人事件として処理されなければならないものが、事故死や病死で片付けられることになるということです。
 司法解剖はマスコミにもあまりとりあげられない地味な世界ですが、社会のインフラとしてなくてはならいものであるとこの論考をみて感じました。

人気blogランキング 法律・法学部門4位(記事掲載時)
-現在のランキングについては、こちらをクリックしてください.(こちらをクリックしていただくと当ブログのポイントがあがります)

 
[PR]
by cuts | 2005-06-21 07:12 | 刑事弁護